双子ベビーカー Airbuggy(エアバギー)ココダブル

エアバギーココダブルを購入し、実際に使ってみた感想をブログで紹介します。

購入検討中の方の参考になるようにまとめましたので、お読みいただけたらと思います。

私は、双子育児中のパパ高卒公認会計士です。

Airbuggy(エアバギー)coco double(ココダブル)を生後5か月目に購入してから1年4か月ほど使用しています。

Contents

エアバギーココダブルの概要

エアバギーココダブル
created by Rinker
  • こちらは、新製品ココダブルEXフロムバースの概要です。私が使用しているのは、旧モデルです。
メーカー Airbuggy(エアバギー)
サイズ 通常時:横幅71.5cm 高さ95cm 全長90cm
折りたたみ時:横幅71.5cm 高さ82cm 奥行45cm
重さ 重量:13kg
耐荷重:36kgまで
対象年齢 新生児(生後0か月)~4歳頃
その他 新製品のココダブルEXフロムバースは、旧製品と比較して対象年齢が4歳頃までに伸びています。(従来品は3歳頃まで)
また、対象年齢についても0か月から使用可能となっています。(従来品は3か月頃~使用可能)
さらに、サンキャノピー(日よけ)が長くなり、旧製品の欠点が改善されています。
このように、様々な改善がなされていますが、製品のサイズと重さは従来品と同じです。
Airbuggy coco double(エアバギーココダブル)は、東京都渋谷区に本社がある株式会社GMOインターナショナルの製品です。

横幅・重さ・大きさについての感想

横幅について

ココダブルの横幅は71.5cmです。

横型の双子ベビーカーの中では、かなり横幅が狭い部類に入ります。

双子ベビーカーの横幅については、こちらのまとめ記事がおススメです。

横型ベビーカーは横幅が広いところがデメリットです。

横幅が広すぎると、通れない通路などがあったりしますので横幅は狭いほうがいいと思います。

普段私と妻がベビーカーで行動する範囲は、

・スーパー
・コンビニ
・ドラッグストア
・公園
・病院

です。

スーパー、コンビニ、ドラッグストア、公園で使用していて困ったことがほぼありません

1回だけ、スーパーのレジが通れなかったことがありますが、これは例外といってもいいでしょう。

病院ですが、大きなところはバリアフリーになっているのであまり心配ないと思います。

でも、個人医院だとバリアフリーじゃないところもあるんですよね。

私が通っている小児科もバリアフリーではありません。

ですので、ココダブルは玄関の外に置かせてもらっています。

また、エレベーターも問題なく使えています。

電車やバスについては、基本的に利用しないのですが、でかすぎて電車やバスでココダブルを使う勇気はありません。

下記に、主な施設等の横幅の参考値を記載しますので、参考にしてみてください。

幅の目安
エレベーター
(6人乗り)
80cm
駅の改札 55cm~60cm(通常)
90cm(車いす対応)
スーパー 80cm(レジ)
120cm(通路)
コンビニ 90cm~120cm(通路)

エアバギーココダブルならおおむね大丈夫ですね。

重さについて

エアバギーココダブルの重さは13kgです。

妻も車に積んだりしますので、女性でも運搬できる重さです。

持ったまま階段の上り下りもできます。

ですが、やはり重いため両手を使って運搬する必要があります。

片手で気軽に持って運べる重さではありません。

折りたたみ時の大きさ・収納場所について

折りたたんだ時の大きさは、横幅71.5cm 高さ82cm 奥行45cmと結構大きいです。

玄関に置くとこうなる

エアバギーココダブルを玄関に置いたところ

我が家は玄関にココダブルを置いています。

玄関ドア横の奥行は47cm、幅は74cmです。

ギリギリ収まっているかなーという感じですね。

折りたたんで自立するみたいですが、我が家の場合、よっこらしょと壁に立てかける感じで置いています。

車のトランクに入れるとこうなる

日産セレナ 双子ベビーカートランク
我が家は日産のセレナに乗っています。

2010年式のFC26という型で中古車です。

3列シートの車なのですが、3列目を使用しているとトランクにはいりません。

日産セレナ 3列目使用トランク

3列目片側シートだけ使用する状態でギリギリ乗せることができます。

ただし、ココダブルについている、子供が手を掛けるための黒いバーを取り外さないと乗せられません。

こちらが、取り外し前。
双子ベビーカー Airbuggy(エアバギー)ココダブル

こちらが、取り外し後。
双子ベビーカー バーなし

黒いバーは道具いらずで簡単に取り外せます。

操作性についての感想

AirBuggy(エアバギー)ココダブルのタイヤ

双子を乗せても片手で押せる軽さ

エアバギーココダブルを使って一番おどろいたのが、押したときの軽さです。

平らなアスファルトだったら、片手で押せる軽さです。

ベビーカーを押すのが楽しくなるレベルで軽いです。

坂道も特に問題なく使用できていますが、急な坂道は重いため押すのが大変です。

段差や砂利道などの悪路にも強い

私は、通常のベビーカーも使ったことがあるのですが、 ちょっとした段差で突っかかったりするんですよね。

その点、アスファルトの切れ目、道路わきのちょっとした段差、石畳、線路を渡るときなど、通常のベビーカーに比べてかなりスムーズです。

また、公園の土の上や、芝の上でも普通に押して行けます。

エアバギーココダブルの走行性は、高く評価できるところだと思います。

ハンドルも操作がしやすい

ハンドルは左右独立したタイプではなく、つながったタイプですので握りやすく、小回りの操作もしやすいと感じています。

ロックは足元で簡単に操作でき問題なし

ロックはすごくシンプルな作りですので、迷うことなく使用することができます。

足でちょこっと下すだけ。

ロックは、自立スタンドも兼ねています。

折りたたみも簡単にできる

ココダブルを折りたたむときは、ハンドルの両端にレバーがあるので、それをつかんでヒョイとハンドルを下にさげれば簡単に折りたたみができます。

安定性について

エアバギーココダブルは重いのがネックですが、そのおかげで安定性は高いです。

ベビーカーが倒れることや、ひっくり返ることもありません。

横揺れや、がたつきなどもありません。

機能性についての感想

荷物入れの収納力が高い

エアバギーココダブルはシートの下に収納スペースがあります。

AirBuggy(エアバギー)ココダブル収納

収納スペースの両脇には、チャックが付いていて荷物の出し入れが楽です。

AirBuggy(エアバギー)ココダブルの収納チャック

荷物を入れるとこんな感じになります。

AirBuggy(エアバギー)ココダブルの収納荷物を入れたところ

入っていた荷物は、子供のものを入れるトートバッグに、パパとママのバッグです。

AirBuggy(エアバギー)ココダブルに収納してバッグ類

ココダブルでちょっとした買い物に行ったときも、この収納が役に立ちます。

手には何も持たずにベビーカーを押すだけの状態になれますので、楽ちんです。

新生児から使えるようになった

私の購入したココダブルは、生後3か月~使用可能なものでした。

しかし、ココダブルの新作のエアバギーココ ダブル EX フロムバースでは、生後0か月の新生児から使えるようになっています。

横型ベビーカーは、最短でも生後1か月~使用可能な製品が多い中、0か月から使用できるのはすごいですね。


通気性も良さそうです。

 

ドリンクホルダーは標準で2つ装備されている

AirBuggy(エアバギー)ココダブルのドリンクホルダー

ドリンクホルダーは両脇に各1つずつ、合計2個が標準装備されています。

ただ、ドリンクを入れると横幅が大きくなってしまうところが難点です。

日よけ(サンキャノピー)について

AirBuggy(エアバギー)ココダブルのサンシェード

ご覧の通り、日よけを使いながら子供の様子を見れるのはうれしい機能です。

ただ、日よけが短すぎるため、夏場などは別途日よけ対策が必要です。


これは、従来品のココダブルです。

日よけが短すぎます。

新製品のココダブル EX フロムバースでは日よけが改良されています。

UVカット率99%以上(UPF50+)であり高水準です。

日よけ対策、夏の暑さ対策について

我が家では、ベビーカーと抱っこ紐兼用のケープを買って日よけ対策をしています。

【日本製】抱っこ紐・ベビーカー兼用2WAYサマーケープ 【シャダンケープ】(紫外線/熱中症/UVカット)

さらに、日焼け止めクリームも併用しています。

日焼け止めクリームは、子供が使えて紫外線のカット率が高いものがおすすめです。

ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク(90g)【k4i】【evm_uv12】【ビオレさらさらUV】

こちらは、SPF50+と紫外線防御指数も高く安いので我が家でも使用しています。

ベビーカーの夏の暑さ対策は、冷却材などをタオルに巻いてシートと子供の間に挟んでいます。

 

レインカバーについて

ココダブルは標準でレインカバーが付いています。

私は雨の日はベビーカーを使わないので、使ったことはありません。

対面式にはできない

エアバギーココダブルは、親と子供が向き合うスタイルの「対面式」は利用できません。

したがって、月齢によってはベビーカーに乗せると親の顔が見えなくて泣きだす場合があります

我が家も、一時期ベビーカーに乗せると泣く時期がありました。

しかし、1年4か月使っている中で、数週間だけの出来事でしたので、抱っこ紐で乗り切りました。

ブレーキは付いていない

エアバギーココダブルにブレーキはついていません。

付いてると便利なんですけどね・・・

そのかわり、リストストラップがついていて、もし手を放してしまった時でもベビーカーが離れないようになっています。

その他の使用感について

子供にとっても乗り心地がいい

エアチューブタイヤという、自転車と構造が同じ空気の入ったタイヤを使用していることから、子供の乗り心地もよく作られていると感じます。

乗っていてガタガタしないので、子供も安心です。

子供を乗せにくいと感じない

2つのシートが並んでいるので、子供を乗せやすいです。

また、バーの位置は高すぎず、身長160cm程度の妻でも子供を乗せることができています。

メンテナンスについて

タイヤは定期的に空気入れが必要

ココダブルは、エアチューブタイヤを使っていますので、定期的にタイヤに空気を入れる必要があります。

メーカーの推奨は1か月に1回程度の間隔で空気を入れるのがおススメらしいです。

でも、私が1年4か月使用して、空気を入れたのは3回だけです。(特に問題なく使用できています。)

空気入れは標準で付いてきます。

空気入れは荷物入れに格納場所が用意されており、別途保管場所を確保する必要がありません。

常に持ち歩くことになるので、外出先で空気を入れることもできます。

AirBuggy(エアバギー)ココダブルの空気入れ

タイヤがパンクしたことはない

自転車と一緒のエアチューブタイヤですので、パンクする可能性はあります。

しかし、私は今まで使ってきてパンクしたことはありません。

パンクしてもチューブが修正できないほど破れていなければ、自転車屋で修理してもらうこともできるでしょうし、自転車用のパンク修理キットを使って自分で修理することも可能です。

メーカーの方でも修理対応してくれます。

タイヤの空気入れ以外のメンテナンスはしていない

1年4か月使っていますが、タイヤの空気入れ以外に特にメンテナンスはしていません。

雨の日には使っていませんので、特に汚れるといったこともありません。

オプションについて

ストローラーマットは必要に応じてでいいかも

エアバギーココダブルは、ストローラーマット(シートカバー)が別売りです。

我が家は子供が汗をかいたり、汚れるかもしれないという前提で、洗濯可能なストローラーマットを購入しました。

必ず必要というようなものではないと思いますので、予算や必要性に応じてご用意ください。

将来、売ることを前提に綺麗に使いたいとかなら、アリだと思います。

装着するとかわいくなるので、私は気に入っています(*'▽')

安全性について

しっかりした作りで安心できる

実際に使ってみて、しっかりした作りで安心して使用できています。

エアバギーは、コンパクトを最優先に考えたベビーカーではなく、乗り心地、走りやすさ、安全性を優先しているようです。

また、重さについても、赤ちゃんの安全を第一に考えて、持って軽いより、押して軽いにこだわっているそうです。

世界的な安全基準の「EN 1888」という規格にも適合しており、安全な製品であるといえます。

リセールバリューについて

人気があるので中古で売却可能

私は使い終わったら中古で売却しようと思っています。

リセールバリュー(中古での売却価格)も高く、状態が良ければ数万円で売れることもあるようです。

私がエアバギーココダブルを購入した理由

私がエアバギーココダブルを購入した理由は下記の通りです。

  • 他の横型ベビーカーに比べて横幅が狭いから
  • まわりで使っている双子のおうちが多いから
  • 実際に押してみて、あまりの軽さに驚いたから(片手でも押せる)

双子ママたちの口コミ

エアバギーココダブルをいつから使い始めたか

私の場合、妻が里帰り出産を終えて、自宅に帰ってきた生後5か月目にエアバギーココダブルを購入しています。

実は、妻と子供が自宅へ帰ってきたのは、生後4か月の時でした。

値段もそこそこするので、どうしようか迷っているうちに、1か月ほど経ってしまいました・・・(´ω`)

今思うと、もう少し早く購入してればよかったと思っています。

ココダブルを購入する前は、アップリカのシングルベビーカーに、抱っこ紐でおんぶのスタイルでした。

双子のお出かけはいつからしたか

出産後に初めてお出かけするのは、1か月検診で病院に行く時かお宮参りになると思います。

本来お宮参りは生後1か月でするようなのですが、我が家は諸事情から、生後5か月目に行きました。

そのほか、首が据わるまでの間に予防接種を受けるために、2回~3回ほど病院へ行く必要があります。

我が家では、赤ちゃんの首がすわる3か月~4か月目までは、本格的なお出かけできるだけ避けていました。

本格的にお出かけするようになるのは、首が据わってからです。

首がすわるまでの期間に、人手がなくて一人で病院へ行く必要がある方は、その段階でベビーカーがあってもいいと思います。

双子ベビーカーめちゃくちゃ楽ですから。

エアバギーココダブルをどこで購入したか

私の場合、生活圏内にココダブルの取り扱い店舗が無かったので、楽天市場の通販で購入しました。

楽天市場は、商品が届かない、欠陥品が届いた、返品したけど対応してもらえないという時に、最大30万円を補償してくれるので安心して利用できますね。

お近くに店舗がない場合は通販で買うのがおススメですよ。

結論:私は購入をオススメする

以上、エアバギーココダブルを使ってみての感想でした。

私はエアバギーのココダブルを買ってよかったと思っています。

双子ちゃん達とのお出かけが楽しくなるアイテムだからです。

是非あなたもエアバギーココダブルを購入して、双子ちゃん達との素敵なお出かけを楽しんで下さいね。

エアバギーココダブル
created by Rinker

あわせて読みたい

おすすめの記事